2011年02月09日

梅林公園に行ってきました


超久しぶりのアップです。
ひょっとしてたまに訪れてくれてる方が
いれば、かなり申し訳ありません。

というわけで、早くも2月になってしまいました。

 
2月と言えば梅です。
極寒の中、社報の取材にて梅のあるところ
を訪問しようと思い
大田区池上にあります『池上梅園』に
行ってまいりました。
それにしても訪問した当日の最高気温は11度位で、
梅の開花にはまだ厳しいかなとも思いつつ、訪れました。

IMGP0251.JPG

少し震えながら梅園の入り口へ、正面の斜面には紅白色とりどり
の梅が植えられています。これは2月中旬位の満開時に来るべきかな
と思いながら、入場料大人100円を払います。
(子供、65歳以上無料)

IMGP0269.JPG

やはり、写真をご覧になってもお分かりの通り、
5分咲きの状態でした。
とはいっても可憐な梅のふくらみが何ともかわいらしいです。
満開よりもこの位の方がいいという方もいらっしゃるのでは、、、

平日の昼間だったんですが、ぱっと見て50人位は見かけました。
満開時の写真を見ましたが、2,500坪の庭園内に人がぎっしり入って
いました。
花に鼻を寄せた時、別の人の顔が
すぐそばにあったら少し怖いです。
まあ、相手にもよりますが、、、
様々なハナの匂いが、、、

IMGP0278.JPG
ここで、ちょっと解説を。
『池上梅園』は大田区の池上本門寺の西側にあります。
丘陵斜面を利用した閑静な庭園で、
四季折々の花々や自然が楽しめます。
この池上梅園は、戦争で焼けてしまった日本画家伊東深水氏のアトリエを
築地の料亭経営者小倉氏が手に入れ、別邸として使用していました。
小倉氏没後、後世に残すことを条件として
昭和53年東京都に譲渡されました。大田区では区の花、
紅梅を中心に植林・整備拡張すすめ、現在9,880u
紅梅220本、白梅150本、ボタン、ツツジ等は50種500本の樹木があります。
又、園内には歴史ある茶室(『清月庵』『聴雨庵』)も設えられています。
区の施設だけあって一般の方もお金さえ払えば使用可能です。
この『聴雨庵』はかつて政治家藤山愛一郎氏の所有物でした。
IMGP0256.JPG

この建物の中で昭和19年東条内閣打倒の密議が行われたそうです。
又、そのそばには『水琴窟』もあり、竹筒に耳を近づけると
地中深く水の跳ねる音が聞こえます。キンキンと響くその音は
まるで硬くなった水が金属の中で規則正しく跳ねているかのようでした。
他にも池上を見まわす展望台や珍しい花々など、一人で想いにふける
にはぴったりかもしれませんね。
梅の花満開時が見頃なんでしょうが、
一人で物思いにふける散策も似合う場所です。

IMGP0259.JPG

IMGP0266.JPG
お約束のようですが、自分としては
一人で物思いにふける
マカ園があるとうれしいですね。
ボーっと歩いていると、
マカを踏んづけてしまい
「もったいない」と言っている
自分の姿が思い浮かびます。

歴史と自然の融合したちいさなお庭が『池上梅園』です。
因みに入り口正面には絶品あんみつ屋さんもあります。
あんみつ屋さんは、帰ってきてから教わりました。
今度は購入したいです。
posted by バイオサプリ 松野 at 00:49| 東京 ☁| Comment(82) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

ボロ市に行ってきました

社内報の取材でボロ市に行ってきました
実は何年も前から行ってみたいとは思っていたんですが
平日の会社帰りに三軒茶屋から又世田谷線に乗って
行くのに若干めんどくささを覚えて
結局行く決心がつきませんでした。
(休日開催の時に行けば?)
今回は撮影取材と称して理由をつけた次第です。

ところで、手元にあるボロ市のパンフレットによりますと、、、

毎年12月15日と16日、1月15日と16日世田谷区世田谷一丁目
で開催される、”世田谷ボロ市”
430年以上に渡りひらかれてきた伝統の市です。
戦国時代楽市として世田谷新宿に開かれた市は、
後に農家の作業着の繕いや、わらじに編みこむボロが
安く売られるようになり、いつとはなしにボロ市の名が生まれたそうです。
ことに、草鞋をボロと一緒に編みこむと丈夫になるというので、
農閑期に現金収入となる草鞋を作る農民がたくさん購入したとのことです。
昭和になると、衣類、農具、日用品の他に
見世物小屋や芝居小屋までかかり,
食品を含む様々な物が売られていたそうです。
東急世田谷線、世田谷駅と上町駅を結ぶエリア
一帯で700店以上の出店数を誇り、昭和の始め頃
には2,000店にもなったそうです。
東京都指定無形民俗文化財でもあります。

IMGP0218.JPG

12月16日木曜日の夕方強い寒波の中コートに
身を包んでに行ってまいりました。
世田谷区の三軒茶屋と下高井戸を結ぶかわいらしい
二両の電車"東急世田谷線"に大混雑の中
何とか電車にも乗れ、一安心。世田谷駅で降車です。
この大混雑に降車できない不安も一瞬よぎりますが
世田谷駅ではほぼ全員が降りたため、
杞憂に終わり、ようやくボロ市の幕を確認。
まさに明治神宮や成田山の初詣状態です。
(ちょっとおおげさかも)
1日で20万〜30万の人出だそうです。

多くの人とぶつかり合いながら人の流れに身を任せます。
骨董品、植木、陶器、雑貨、古道具、漬物、
こんなものまで売ってます

IMGP0208.JPG

一つのお店に立ち止まっていては丸1日かかりますので、
写真を撮りつつ進みます。
中心部にある代官屋敷の前でしばしたたずみ、
しばし徳川3代将軍家光の時代に思いを馳せます。

IMGP0199.JPG


代官屋敷の前では名物の代官餅を販売しており、
これを目当てに毎年いらっしゃる人も多いそうです。
当日は、夕方でもあり売り切れでした。
相変わらず間の悪い自分です

IMGP0202.JPG

当然自分としては健康食品の類を探しましたが、
なかなか見つからず、ボロ市でマカを見かけたら
ボロマカなんだろうかマカボロなんだろうか
など、どうでもいいことを考えながら
歩いているうちに、お腹がすいてきました。
というのも、あちこちから漂う香ばしい匂いや、甘い匂い。
食べ物の出店も多く、
誘惑の手があちらこちらから伸びてまいります。
結局、餃子のようなおやきを一つ買って食べましたが、
かなりおいしかったです。

関東近郊の方は是非1度行ってみてはいかがでしょうか。
食べ物をほおばりつつ、掘り出し物を700以上のお店から探す。
自分の探し物は見つかりませんでした。
どこか別のところで探します。

IMGP0204.JPG

毎年12月15,16日と1月15,16日、年にこの4日間だけ開かれます。
posted by バイオサプリ 松野 at 01:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

『宝来公園』に行ってきました。 『宝来公園』に行ってきました。 『宝来公園』に行ってきました

先に(と言ってもひさしぶりのブログです。)社報の取材で、
世田谷地区を色々廻っていた話をしたことがあります。
今回は田園調布駅から歩いて5分位のところにある、
『宝来公園』に行ってきました。

世田谷には数多くの公園がありますが、
比較的大規模なものが多く見られます。
とりわけ、田園調布近辺の公園は巨大なうえに
歴史があり、且つ美しく保たれています。

今回赴いた『宝来公園』も昭和11年に作られ、
大田区最古。
東京都の公園でもかなり古い部類に入るそうです。

幸い晴れてましたが、急激に冷えたこの日、
取材にはどうかと思いつつ、
田園調布駅から 有名な銀杏並木を見上げつつ
とぼとぼと向かいました。
つうしん12月号コンドロイチンとぺこり 001.jpg

仕事場の関係上田園調布は良く歩いてますが、
こうしてみると本当に大きな家が多いです。
まあこれには理由があって、
大田区の条例でこのエリアは一区画
150坪未満は家を建てられないとのことです。
(直近未確認)
なにしろ、鳩山前首相の邸宅が普通に見えてしまうくらいです。

そして、見事に路上駐車が無い!
それも納得、各家の駐車場は大きい。
あまつさえ車回しのある家もかなりの割合で見かけられます。

複雑な気持ちであっという間に公園に着。
さすが高級住宅街の中心に位置する公園、
特別広大と言うほどではないが、(TOKYO DOME1/3
位の大きさでしょうか。)木がでかい。
この高さと密集度は公園というよりも森に近いですね。

平日の午後なのに、歩いている人は何人も見かけます。
年齢不詳のいちゃいちゃしているカップルも見かけました。
(マカは必要ないだろうな)などと思いつつ散策。
つうしん12月号コンドロイチンとぺこり 011.jpg

軽い森林浴をしている気分です。嫌なことも忘れそうです。
(ここでなくとも直ぐにに忘れてしまうんですが、、、、)

公園の下側にはちょっとした池があり、アヒルや鴨が住んでいます。
住んでる?と言うのも,彼らかなり近寄っても全く逃げない。1メートル位接近
しても全く動じない。かなりヒトから餌をもらってますな。
つうしん12月号コンドロイチンとぺこり 004.jpg

このあたりに住んでらっしゃる有名人もここで思いを巡らすんでしょうね。
あれやこれや悩んだり、考えを整理したり、、、、
つうしん12月号コンドロイチンとぺこり 013.jpg

自分はマカで紛らわすんだろうなあ。などと、、、
posted by バイオサプリ 松野 at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。